有馬記念2016予想

有馬記念 G1 芝2500 

遂にこの時期がやってきました!毎年好きな馬に単勝をぶちこみ泣いたり笑ったりしていますw
オルフェーヴル以前はさっぱり当たらなかったのですが、オルフェ以降はけっこう当たってきているので、今年も当てたいと思っております。

【展開】
マルターズアポジーが逃げ、キタサンは2番手かなと思うが、おそらくサムソンズプライドが大逃げまたはキタサンの前につける可能性があるのではと思っています。キタサンをマークしながらゴールドアクター、それをマークするヤマカツエースとサウンズオブアース、サトノノブレスも前目にいきそう。その後ろ中団前あたりにサトノダイヤモンドとマリアライト。直後にミッキークイーンやアドマイヤデウスやシュヴァルグラン。後ろ目にアルバート。最後方からデニムアンドルビー。
1週目スタンドまでは縦長でやや流れそう。2週目向こう正面あたりから各馬ロンスパでかなり上りのかかる消耗戦になると予想。恐らく前目ではキタサン以外は壊滅。他は中団~後ろになりそう。外差し濃厚。

【時計】 かなり時計のかかる馬場 良
2:33:0くらい(1000M60秒くらい) 3F36~37秒

【予想】[自信S 勝負S]
◎11サトノダイヤモンド・・・展開鞍上枠何の不安もない。力関係だけ。レインボーライン物差しにすると普通に通用。展開も向きそうだし斤量も2キロ軽い。このオッズはおいしすぎ。圧勝まである。
○14シュヴァルグラン・・・サトノには勝てないが2~3着なら十分に狙える。消耗戦ならこの馬。
▲15アルバート・・・スタミナの塊w 消耗戦以外では用無しなので他の展開になったらあきらめる馬。
☆16マリアライト・・・牝馬のラストランは狙いたくないが、適性がベストなので。
△1キタサンブラック・・・まぁ説明不要。前目で唯一残る可能性のある馬。
△6サウンズオブアース・・・前走2着だが、個人的にはちょっと落ち目になったかなーと思わせる2着。一応買っとく。
☓4ヤマカツエース・・・誰もが思いつく穴馬。
☓10アドマイヤデウス・・・2500べスト。
☓13デニムアンドルビー・・・無欲の追い込み。タフな阪神大賞典でも来ているのでここでも可能性あり。
消2ゴールドアクター・・・まずあまり強くないと思ってる馬。基本的に底力必要としない展開でのみ来る馬なので、消耗戦になる今回はばっさり切り。

【馬券】
◎の単勝(ほぼこれだけ)
◎軸の三連複。

 

 

いよいよ有馬記念ですね

先週は体調を崩してしまい、朝日杯の予想すらできませんでした(^^;
結果的には大外れだったと思うので、まぁ良かったと思いましょう・・・

さて、いよいよ有馬記念です。個人的にはなかなか相性が悪いレースなのですが、毎年参加しています。予想は深く考えずに好きな馬の単勝(人気薄の場合は複勝)1点で勝負します!

今年の予想の前に思い出の有馬記念を5つほど・・・w

【5位】2011年オルフェーヴル(3歳)

圧勝した引退レースじゃないほうです。あまり言われないですがこのレースメンバー超豪華です。個人的には引退レースよりこっちのほうが強さを感じました。超スローでほぼ最後方からマクリ、インで我慢したエイシンフラッシュを全く寄せ付けない内容。ラップもマクッてラスト11.3は驚異的。着差こそ1馬身つかなかったけど、着差以上の圧勝だったと思います。まぁこの馬評価されるのはなぜかこの後の阪神大賞典なんだよねw
もっとこの有馬を評価してほしいものです。

【4位】2005年ハーツクライ(4歳)

言わずと知れた無敗の三冠馬ディープインパクトが国内で唯一負けたレースです。そして私が唯一ディープの単勝を買ったレースでもありますw
当時有馬記念で1回も当たったことがなく、初めて1倍代の馬に単勝買ったらまさか2着に負けてしまうという・・・ここからディープが嫌い(最近は薄れましたがw)になっていきました。

【3位】1999年グラスワンダー(旧5歳)

今まで見た中では最高のメンバー(エルコンドルパサーとセイウンスカイとアドマイヤベガがいてほしかったけど)がそろった有馬記念かなーと。そして初めて見た有馬記念でもあります。そう言っておきながら印象は完全な2強。あとから見ると豪華だったんだなーと。当時はスペシャル派だったので正直勝ったと思いました。ウイニングランもしてたし。結果はグラスがゴール板の1枚だけ先に出てたらしいですが、同着にしてほしかったですね。ちなみにすぐそばにいたテイエムオペラオーは全く眼中(印象)にありませんでしたね。むしろ4着のツルマルツヨシのほうが目立ってた印象です。

【2位】2000年テイエムオペラオー(旧5歳)

前年とはうって変わって絶望的な糞メンバーw
後から見てもひどい・・・今年で言うとサトノマリアミッキーがいなくてキタサン1強(ドトウトップロードがアクターサウンズ的)の有馬記念みたいな感じ。
正直オペラオーただもらいのレースなんですが、まぁ知っての通り絶対に勝たせないためのオペラオー包囲網の潰しレースでした。好スタートきって3番手くらいにいたはずが不利受けまくってなぜか後方3番手・・・外出したくても武のアドマイヤボスがフタをする。武もこの時だけは勝つことよりもオペラオーを外に出させないことのほうが強かったかなと思います。この時の実況「のこり310mしかありません!!」は今でも強烈に残っています。「テイエムは来ないのか、テイエムは来ないのか、テイエム来た、テイエム来た、テイエム来た、テイエム来た、テイエム来た。抜け出すか。メジオドトウwと・・・テイエムテイエムかーテイエムかわずかにテイエムかー!!」

ハナ差圧勝!!!!

 

【1位】2002年シンボリクリスエス(3歳)

実は勝ち馬にはあまり興味はなくて、2着のタップダンスシチー、4着のナリタトップロード、5着のファインモーションが印象に残っているレースです。後から見るとかなり豪華メンバーですが、当時は糞メンバーと言われていました。タップはここできたのは本当に衝撃でした。あそこまでいったら勝ってほしかったけど。しばらくタップ(JCまで)買いまくっておいしい思いができた最高の馬でした。ナリタトップロードは今でも一番好きな馬。なんとかG1勝ってほしいとずっと思っていました。DVDやポスター、ぬいぐるみ、20世紀100名馬の本も買いましたねー。当時が一番競馬熱が熱かったころだったと思います。毎週ビデオ録画してましたしw
ファインモーションは今でこそ牝馬の活躍が当たり前ですが、当時は王道で牝馬が活躍することはほぼなかったので、無敗の6連勝(どれも圧勝)でマスコミ等が煽りに煽ってたのを覚えています。今で言うハープスターみたいな扱い。今でもこの馬が最強牝馬だと思っています。

 

【今年の予想】
今年は完全にサトノダイヤモンドとキタサンブラックの2強でしょう。レースもこの2頭のマッチレースになると思ってます。どっちが頭になるかは難しいですね。適正はキタサン、斤量ではサトノ、鞍上も完全に手の内を知り尽くしているルメールと武、オーナー馬共に勢いは互角。
どっちきてもおかしくないのですが、やはり好きな馬を買うとなると・・・今年の本命は
「サトノダイヤモンド」
でいきたいと思います!
対抗キタサンで3着争いは穴馬を選ぼうと思います。そっちはまだ悩み中。